トップページ > 京都病院学会

京都病院学会

京都病院学会は、当協会の学術研修事業のひとつで、
京都府内の病院のすべての職種が臨床での成果等を発表する学会として、
1965(昭和40)年より毎年開催しています。

「京都地方病院学会」の学会名称で発足して以降、1977(昭和52)年の第13回からは京都府病院協会との共催となり、京都府内の全病院を対象に、病院に勤務する全職種の人々が参加する全国的にも例を見ない学会として定着しています。
毎年、各部門から日常の医療活動や臨床の成果等、数多くの演題発表をはじめ、メインテーマに基づいた基調講演・シンポジウムや各界の著名人をお招きしての特別講演もあり、これらを通じて府内の病院全体の医療の向上に努めています。
また、府民の方々や学生も参加することができる学会となっています。

第55回 京都病院学会
“令和”時代 病院の進むべき道 ~地域共生社会の実現に向けて~

第55回 京都病院学会
開催日時 2020(令和2)年6月14日(日)午前9時~午後5時
会  場 池坊短期大学(京都市下京区四条室町鶏鉾町)
※交通アクセスはこちら
学会役員 学会長=清水 鴻一郎(京都リハビリテーション病院)
副学会長=藤澤 明生(賀茂病院)
山下 俊幸(京都府立洛南病院)
実行委員長=石丸 庸介(田辺中央病院)
副実行委員長=若園 吉裕(京都桂病院)
参加費

3,000円(※)/人(演者・医療関係者)

(※参加費が変更になる可能性がございます。その場合は事前にご案内いたします。) 

1,000円/人(一般参加者・学生)

要望演題 「地域包括ケアにおける病院の役割」
継続演題 「働き方改革」
基調講演

「社会保障改革の展望と地域共生社会 ~2040年を見据えて~」

鈴木 俊彦 氏(厚生労働事務次官)

特別講演

「リハビリテーション医学の今と未来」

大高 洋平 氏(藤田医科大学 医学部 リハビリテーション医学I講座 主任教授)

プログラム 準備中

過去の京都病院学会の開催実績はこちら

第55回 京都病院学会発表演題の募集について

  • 京都私立病院協会及び京都府病院協会の加盟施設へ1月10日付の書面で送付しました演題募集案内等をご確認ください。
  • 以下の申込書抄録原稿用紙のフォーマットをダウンロードしてください。
  • 記載例をご参考に、申込書と抄録原稿を作成してください。
  • 記載されました申込書と抄録原稿を一緒に、病院で一括してEメールで学会事務局にお送りください。
  • 演題申込締切日:令和2年2月10日(月)午後5時迄に必着
    ※期日を過ぎてからの申込は一切受け付けることができません。
提出先Eメールアドレス
提出先Eメールアドレス gakkai@khosp.or.jp

演題応募資格

京都私立病院協会・京都府病院協会に加盟する医療・介護施設の従事者

※どちらかの協会に加盟していない施設・事業所からの発表はできません(会員の関連施設・事業所は対象外となります)

演題発表申込書・抄録原稿の様式

※毎年1月下旬頃に更新しています。最新の様式になっていることをご確認の上、ダウンロードしてください。

申込書(記入用)

申込書記載例

看護部門 各項目の主な演題内容について

リハビリテーション部門 各項目の主な演題内容について

抄録原稿作成要領(※必ずお読みください)

抄録原稿用紙

抄録原稿記載例

申込書・抄録原稿の提出先

申込書と抄録原稿を一緒に、病院で一括して下記のEメールアドレス宛に添付して送信してください。

申込書・抄録原稿の提出先
提出先Eメールアドレス gakkai@khosp.or.jp

※期日を過ぎてからの申込は一切受け付けることができません。

集録原稿の提出について

例年、学会終了後に発行しておりました「集録」は第53回より廃止となりました。つきましては、学会当日までにご提出いただいておりました集録原稿は提出不要となります。

会員施設・医療関係者の方々へ

  • 地域の会員施設を調べる
  • 研修会・講演会申込
  • 京都府医療勤務環境改善支援センター
  • 地域連携窓口情報

京都府民の方々へ

  • 京都府民のみなさまとつながっています
  • 医療・介護のお仕事探しはメディワークセンターへ
  • 看護職つながりネット登録受付中
  • 薬剤師サポートネット登録受付中
会議・イベント情報

連絡先・交通アクセス

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下ル
水銀屋町620番地 COCON烏丸8階

50th Anniv. Project
京都私立病院協会 公式フェイスブックページ
京都府看護職復職支援・キャリアサポート つながりネット 公式フェイスブックページ
きょうと薬剤師サポートネット 公式フェイスブックページ